FC2ブログ
マイホーム、自動車、自転車、パソコン等に関する修理・改良・改造に関するDIY情報を紹介
2015年03月20日 (金) | 編集 |
東芝 REGZA RD-BZ700 のジャンク品をオークションで送料込みで
約6500円で購入した。

状態は、BSアンテナ端子の欠損、電源ケーブルの切断であった。
通電するかも不明な商品のため、相場より安く入手できた。
bz700-1.jpg

商品到着後、電源ケーブルを別の機種から移植し、作動確認をおこなったところ
アンテナ端子以外はすべて正常であった。
アンテナ端子も出力側に接続すれば、BSも受信が確認できた。
bz700-2.jpg

そのままでも、使用できるが、今後、修理品として出品する可能性もあるのでアンテナ端子を移植することとした。
また、分解したついでに、Blu-rayドライブの分解清掃も行った。

アンテナ端子の移植は、家にあった古いVTR-DVD-HDDレコーダーのアナログチューナーをドナーとした。
bz700-4.jpg

アンテナ端子の確認
 おそらく、アンテナのナットを廻す時に、捩じ切ったと思われる。
bz700-6.jpg

ドナーのアンテナ端子も同じ部品であった。
bz700-5.jpg

さっそく、拡大鏡付の作業台で半田の撤去、部品摘出。
bz700-7.jpg

摘出完了
bz700-8.jpg

チューナーに端子を入れたいが、土台金属フレームへの挿入方向は基盤側であるため、基盤を外す必要がある。
しかし、基盤を外すと他の部分が損傷する可能性があるため、金属フレームを切断して半田と接着材で固定することとした。
bz700-9.jpg
bz700-12.jpg
ある程度の力でアンテナ端子を廻しても壊れないのでこれでOKとする。
これで、BSアンテナへの電源供給も可能となった。

次にBlu-rayドライブのレンズ清掃
ドライブ天板の4本のねじを外せば簡単にレンズにアクセス可能である。
bz700-10.jpg
bz700-11.jpg
100均のレンズクリーナー液で清掃。

Blu-rayドライブの情報
FUNAI AM2 N75E1BJN SATAの接続はフレキケーブルタイプ




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可